2012/07/14

エンリッチドエアースペシャリティーインストラクターコース

こんにちは DIVE OCEANSです。


先日NEWインストラクターになったAYUMIさんがインストラクターの継続教育を受講しました。
ダイビングインストラクターになると様々な講習を開催することが可能になりますが!!!!

さらに自分のできる講習の幅を広げる為に

コースディレクター(PADI最高峰のインストラクターレベル)から

継続教育を受講します。


数多い継続教育の中から自分で選択をしていきます。

それは需要の高いものであったり、自分が好きなダイビングに関してだったり、

反対に自分が苦手分野を敢えて選択する時もあります。


今回AYUMIさんが選択したのは、

エンリッチ・ド・エアスペシャリティーを教えることができるようになる

インストラクター継続教育コースです。


このエンリッチ・ド・エア・スペシャリティーコースは世界でもっとも人気のある

コースです。


私達は通常酸素21%、窒素79%のいわゆる空気(陸上での条件と全く同じ)を

ダイビングタンクに詰めて、水中で呼吸します。

しかし、このエンリッチ・ド・エア・スペシャリティーを取得すると、

酸素濃度40%(窒素60%)までの混合気体を吸って、
ダイビングをすることが可能になるのです。

ダイバーにとってこのエンリッチ・ド・エアのタンクを使用することは

たくさんのメリットを生みだします。

しかし、物事には良し悪しがあるようにデメリットも存在するので、

ダイビングインストラクターとしてしっかり講習を行う必要があります。


AYUMIさんはすでにエンリッチ・ド・エアのスペシャリティーコースをアマチュアダイバー時代に取得済み。

実際にエンリッチ・ド・エアを吸ってのダイビング経験もそれに伴う知識も豊富です。

コースディレクターから、今度をそれを生徒さんに教える術を知識開発で学びます。


海洋実習前に自分のエンリッチ・ド・エアをアナライザーで確認します。


そして海洋実習では、

コースディレクターの監督下、エンリッチ・ド・エアを使ったダイビングをしました。

ダイブコンピューターをチェックし、空気との違いを

改めて認識し、正しく安全にダイビングを完了。


PADI(世界最大のダイビング団体)に申請し、

認定されれば、めでたく『エンリッチ・ド・エアスペシャリティーインストラクター』の誕生です。

AYUMIさん、世界中のダイバーにこのエンリッチ・ド・エアーの良さを伝えていってくださいね。face02

ちなみに今日はAYUMIさんの同期で同じくNEWインストラクターのNAOさんもガイドデビュー

でした。

潜降直前にイルカと遭遇する嬉しいハプニングもanimal02

日に日に頼もしくなる後輩の姿はとても嬉しい今日この頃です。


DIVE OCEANSでは

ダイビングインストラクターになった後の継続教育も幅広く行っています。

インターンとして経験を積みながら、

自分にあった継続教育を選択することが可能です。


ダイビングインストラクターという資格はあるものの、

実際に現場に出たことがないという方への再トレーニングも可能です。

毎日、経験豊かなインストラクターがアドバイスをし、

すぐに現場に出れるインストラクターを育てております。



ぜひ、興味のある方はお問い合わせください。


DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。