2012/08/21

あらしのダイブマスターコース

こんにちは DIVE OCEANSです。


さて、いよいよこの週末から亜羅志のダイブマスターコース

スタートしました。

ちまたで噂のパース男子潜水部である5人の嵐・・・あっ、もとい亜羅志が挑戦します。


まずはプレダイブマスターコースです。

プレダイブマスターコースとは先日も紹介させて頂きましたが、

弊社オリジナル『ダイブマスターへの準備&開発コース』です。

ダイブマスターは今まで受講してきた全てのコースを完璧に身につける必要があります。

ダイビングスキル、ダイビングの知識、レスキュースキルなどなど・・・・

それを計4日間という日にちを使って、インストラクターと一緒に復習していきます。

何をいつどんな風に復習するか、この4日間はダイブマスター候補生達に決めてもらっています。

まずは初日ということもあり、インストラクターの助言の元、

プールにて20のダイビングスキルと4のスキンダイビングスキル、レスキュースキルを練習してきました。


ただできればいいというわけではありません。

この全てのスキルをプロレベルにしなくてはいけないのです。

『全ての動作をゆっくり、そして大切なポイントを誇張して行う』

これがプロレベルのスキルデモンストレーションです。


ダイブマスター候補生『亜羅志』達は未来の生徒ダイバーさん達のために

これらを習得するために一日中プールで練習をがんばっていました。

天気も良かったので、みんな終わる頃には顔が真っ赤になっていました。

がんばりすぎて足つっちゃいましたね。



ダイブマスターコースというのは本当にやりがいのあるコースです。

復習することはたくさんあるし、新しい知識をたくさんいれる必要もあります。

そして、みんなで行う課題もたくさんあります。

体力も知力もいるコースです。

しかし、日に日に何かしらを得て成長していく自分を感じることができるのです。

そして、今回のように同じ目標を目指す仲間がいるなら尚のこと素晴らしいステップUPになります。

切磋琢磨し、互いを高め合う仲間になれるのもダイブマスターコースならではなのです。


教えるインストラクターも実は大変です(笑)

中途半端な気持ちでは模範的なダイブマスターを育てることはできません。

身につけることを教えるのはもちろんですが、

意識を育てることが一番重要だと思うからです。

プロとしての心構えや責任感、

お客様や生徒ダイバーさんからダイビングのプロとしての信頼を水中でも陸上でも

得る必要があること、自分が楽しいだけのダイビングから一歩上をいかなくてはいけないこと・・・などなど。

そんな偉そうなことを言う私もまだまだでして・・・・

ということで、毎日勉強してコースを見直したり、ダイブマスターコースのイメージトレーニングをしたり(笑)


おーし、一緒に頑張っていくぞーicon16


ということで、スクールウォーズばりの暑苦しさ目指して・・・・

『悔しくないのか!!!!悔しいです!!!!!』って(笑)
←また候補生達との間にジェネレーションギャップが生まれる発言。


DIVE OCEANSのダイブマスターコースは他とは違います。

情熱を持ったダイビングインストラクターが、

クオリティーの高い講習を行い、(PADIの規準を遵守した講習)

質の高いダイブマスターを育成しております。

ぜひ、興味のある方はお問い合わせください。



ただいま、DIVE OCEANSでは

『PADI ダイブマスターコース』キャンペーンを行っております。

詳細はぜひ、弊社HPからご覧ください。

亜羅志達の後輩になりませんか??face29

ダイビングに関する全てのことなら、西オーストラリア唯一の日本人経営ダイビングショップ DIVE OCEANSにおまかせください。


DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com



0 件のコメント:

コメントを投稿