2012/08/24

続・俺のこだわり ダイブコンピューター編

こんにちは DIVE OCEANSです。


二日間、ブログをさぼってしまいました・・・・。

すみませんicon15


さて今週のある日、DIVE OCEANSは大騒ぎでした。

何があったかというと・・・・

パース男子潜水部、そしてPADIダイブマスター候補生達である

噂の??『亜羅志A・RA・SHI』達のMY器材がほぼ全て到着したからです。



写真:亜羅志1、いや、パース1のこだわりダイバーJunさん


私服の上に新しいBCDを背負い、新しいレギュを首に巻きつけ(笑)

『ワーーーーーーーーーーーイicon06』と

お店のビル内を走り回る子供みたいな『亜羅志A・RA・SHI』達の姿がありましたface25

見た目と違って(←失礼(笑)、素直で無邪気で優しい男達ですsports02

さてさてダイバーにとって、MY器材って本当に本当に嬉しいのですface16

お察しのとおり、ダイビング器材は決して安くはありません。

もちろん安いものはありますが、

陸上生物の私達が水中で遊ぶ為の道具=命を預かる道具でもありますので

全ての器材を安さを追求というわけにはいきません。

それにダイビングのプロになるわけですから、

チープな器材や古びた器材はかっこ悪いですしね。

※器材を長く大切に使うのはとても良いことですが、

ダイビングのプロという職業をしている以上、

器材はサラリーマンでいうとスーツやカバンや靴、そして時計などにあたるわけで・・・

身だしなみの一部といえるのです。



様々なことを考慮し、私達器材アドバイザーもお客様のニーズはもちろんのこと、

どこに持って行ってもプロとして恥ずかしくない器材をチョイスしております。

ということで、

これからの彼らのダイビングライフをお伴する心強いパートナーができたわけですface02

そして今回は!!!!

前回大好評だったこのブログ『俺のこだわり』シリーズ第2弾ですfeel20

『ポリシーは見た目!!!!オシャレは我慢から始まる!!!!』

そんな亜羅志イチバンのこだわり男Junさんは全ての器材こだわってます。

注)こだわりすぎて、全部はシリーズ化できないかもしれません(苦笑)

そんなJunさんが皆さんに披露したいこだわり器材を本日は紹介させていただきます。

題して、

『続・俺のこだわり』

OCEANIC ダイブコンピューター OCS ホワイトカラーですicon12


最近は、男性が白い時計をするのは流行しておりますが、

Junさんはダイブコンピューターでもこの流行にのりました!!!!

昔から白色のダイブコンピューター=女性ダイバーのイメージがありますが、

このOCEANICの『OCS ホワイトカラー』はフェイスが大きく、

ベルトも太めなので男性の手首とのバランスもバッチリです。(でも軽量なんですよ)

男の人も楽しめるダイブコンピューターなのです。


いつも金色のごついオシャレ時計をしていたJunさんですが、

手にいれてからはいつもこのダイブコンピューターをしています(お気に入りなのですねface16


もちろん、この『OCS』、見た目だけでなく機能も最高なダイブコンピューターです。

ナイトロックスモードやストップウォッチ機能など基本的なものは全てカバーされています。

モードもダイビングモード・ゲージモード・フリーダイビングモードに切り替え可能。

これはOCEANICのダイブコンピューターの特長でもありますが、

ダイビングにおける潜水理論の計算式アルゴリズムが2種類搭載されています。

DSATとZ+というアルゴリズムです。

ちょっと難しいので簡単に言いますと・・・

いろいろなタイプのダイビングにダイブコンピューターが適応してくれるので、

自分のダイビングの幅が広がります。

そしてダイビングに合わせれるということは、そのダイビングがより安全なものになるのです。

ともかく、超賢いってことです!!!!

またパソコンに接続できるので、ダイビングデータを保存することができます。

そして!!!!まさかの電子コンパス付きです。

陸上でも水中でも自分のいきたい方向がすぐにわかります。

これは他のアウトドアでも大活躍ですね。



今イチオシのOCEANICダイブコンピューター『OCS』

カラーはブラック・ホワイト・ブルー・イエロー・レッドの5色から展開されております。

気になる方はぜひお問い合わせお待ちしております。



さて、今回の『俺のこだわり』はいかがでしたでしょうか??

亜羅志だけでなく、エビ獲り親父もこれに出たいとか(笑)

ということで、このシリーズまだまだ続きますので。

もちろん、他に届いた器材も随時紹介していきますので!!!!


DIVE OCEANSでは、

器材の機能と見た目の二つの視線から

ダイビング器材のトータルコーディネートをいたします。

バイオフィンで有名な
ダイビング器材メーカー『apollo』もDIVE OCEANSで取り扱いを開始しました。




そのことにより、オーストラリアでは少し値段の高い

オリンパスの水中カメラセットなども通常より値下げして販売することが可能になりました。


また、弊社で器材を購入してくださった方に

弊社のブログなどで読者モデルをお願いしております。

オーストラリア滞在の思い出に読者モデルもいかがですか??


皆さんのお問い合わせお待ちしております。


ダイビングに関する全てのことなら、西オーストラリア唯一の日本人経営ダイビングショップ DIVE OCEANSにおまかせください。


DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。