2012/11/21

アルバニーダイビングツアー オットセイの幼稚園

こんにちは DIVE OCEANSです。


早速、先週に行われたツアー報告をさせて頂きます。

第一弾はアルバニー1泊2日ツアーです。

今回のダイビングの目的はアルバニーに沈められている

退役軍艦HMAS『PERTH』に潜りにいくことです。

このPERTHはなんと!!!全長133M 最大深度35M。

この軍艦の見どころは大砲です!!!!

2001年11月24日にダイバーの為にわざと沈められた船ですので、

自然光がたくさん入るように穴が無数に開いています。内部侵入(ペネトレーション)が可能です。

みんな朝からハイテンションでアルバニーに向かいます。

アルバニーはパースから南に5時間いった所にある港町です。

ここは昔、捕鯨で栄えた町です。

至るところにクジラのオブジェがあります。

当時の歴史を保存してある捕鯨博物館もあるのです。

本日は午後からの2DIVEということで、

まずは通称『オットセイの幼稚園』SEAL COLONYでダイビングです。
この周辺にはオットセイ(New Zealand fur seal )、アシカ(Australian Sea lion)が住んでいます。

オットセイとアシカの見分け方
(アシカに比べてオットセイはヒレが長く、後ろのヒレの趾がほぼ揃っています。
また、耳介がアシカより目立ちます。)



ここはお母さんオットセイが子供オットセイをこの島に預けて、狩りにでかけます。
ということで、まさに幼稚園的な場所なのです。

ポイントにつくと、早速オットセイがいました!!!

オットセイならではのポーズで水面にいます。

ならではのポーズというのは・・・・

オットセイはヒレを風で冷やすしたり、日光に当てて暖めたりし
体温を調整しています。

水面に手??だけあげてパタパタするんです。

見てるとまるでこちらに手を振っているようです。さぁ、大興奮でDIVEです。

潜降していくと・・・まさにアイスブルーな海の色です。

↑これはアシカ?

すると、オットセイ達がぞくぞくと入ってきました!!!!

狙いは私達の吐いたバブルです。

ギリギリのところまでものすごいスピードで近づいてきて、『あそぼよー』と私達の周りをグルグル回ります。

『こんなポーズできないでしょ??こんなに泳げないでしょ??』

なんて言ってるかのようにたくさんのオットセイ達が順々に入ってきて

遊んでくれましたface02

こっちもスクーバですので、負けじ劣らず遊びまくります。

ダイビングをしていて息が切れることはありませんが、正直結構疲れました(笑)

この場所はリーフィーシードラゴンやウィーディーシードラゴンを見れる確率が高いので、

オットセイと遊ぶのにも少し飽きて(←贅沢)、探索へ。

しかしオットセイは遊びたりないようで、かまってほしいと言わんばかりにまとわりついてきます。

オットセイにそう言われたら、断れないですよね(笑)

結局、リーフィー探しもまともにできないまま1本目は終了です。

あっという間のダイビングでした。大感動です。


オットセイ達にサヨナラを言い、次のポイントへ。

2本目は『CHEYNES III』というポイントです。

捕鯨船が沈んでいます。


その姿は見事に真っ二つに折れています。

こちらは最大深度は22Mほどです。

沈んでからかなりの時間(30年前)が経っているので、魚影が濃く、

3匹見ると幸せになれるブルーデビルがもう幸せいっぱいという程見ることができました。

気持ち良さそうにクリーナーフィッシュに体をお掃除してもらうかわいい姿も。


その他にオールドワイフ、スコーピオンフィッシュ、ウミウシなどなど・・・

残念ながら、この沈船は内部侵入は禁止ですが、

中も入ってみてみたい!!!そんな興味を掻き立てられる沈船でした。

予想以上におもしろかったチェーンスリーはみんなにとても好評でした。

銘々、しっかりと水中写真を堪能いたしました。


大満足の一日の夜はみんなで宴会です。

これもダイビングツアーの醍醐味です。

みんなで協力して夜ごはんをつくり、軽くお酒を飲みながら今日のダイビングについて語ります。

これがまた本当に楽しいのです。


夜も更け、最後に近くの浜に南十字星を探しにいきました。

そうここオーストラリアでは日本では見ることのできない南十字星を見ることができるのです。

初めて見る南十字星にこれまた皆大感動でした。

そう、オリオン座などの星座も日本から見るのと全て逆なんですよ。

私達は今、南半球にいるんだなと改めて実感しました。

たくさんの流れ星に明日のダイビングの安全祈願をし、早々と就寝です。

しかし体は疲れていますが、楽しさのあまり興奮して寝つけない者も(笑)

このような感じでツアー1日目が無事に終了しました。


次回はアルバニーツアー2日目、いよいよHMAS『PERTH』との出会い編を報告したいと思います。


西オーストラリアのダイビングツアーのことなら、

ぜひDIVE OCEANSにおまかせください。


※日本の皆様、今月号の月刊ダイバーに弊社が紹介されております。ぜひご覧ください。

icon12

DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。