2012/11/25

アルバニーツアー 巨大沈船へのダイビング

こんにちは DIVE OCEANSです。


本当に暑い日が続くここパースから

先日のアツかったアルバニーツアーレポート第2弾をお送りしたいと思います。


アルバニー2日目の朝は快晴icon01

雲ひとつない晴れ渡った空です。

朝食はまさかの朝ラーメンfood35

昼食用のサンドウィッチも作って、心身ともに準備はバッチリです。


港からボートに乗り込むこと約10分。

いよいよ今回のツアーの最大の目的である

HMAS『PERTH』のポイントに到着です。

準備はOKで次々とエントリーしていきます。


潜降していくとすぐに『PERTH』があります。

まずは大きなメインマストです。

大きなテラスがあるので、そこで一度再集合をし安全確認!!!

するとそこには大きなツバメウオがいました。

一昔前はここで見張りの船員がいたんでしょうね。

ますます興奮しながら、

いよいよ沈船沿いに一気に潜降していきます。

オープンウォーターコースで習ったまさに『視標のある潜降』です。

潜降スピードも上手にコントロールしながら、そして写真も撮りながら降りていきます。

まずは1本目は船尾に向かいます。

なぜならお目当ての大砲を見に行くためにです。

水深26M、大砲がありました。

みんな上に立ってみたり、跨いでみたり、大砲でお約束のポーズですね(笑)

記念写真も撮りました。



ちょっと船尾の方は透明度が悪かったので残念ではありました。

さてその後も写真を撮ったり、簡単なペネトレーションを行ったりして遊びました。

最後にメインマストで安全停止中はギンポや小さなカニを見たりして

遊びました。

深度も深いため、エアの消費量や減圧不要限界の兼ね合いもあり

ダイビングはあっという間に終わってしまいました。


水面休息中におかしとスープと『男は黙ってコーヒー』でくつろいだ後、

2本目にいきます。

2本目は船首に向かいます。

船首でやることは一つ!!!!沈船ダイビングでベタベタな『タイタニック』です。



その後は操舵室に遊びにいきました。

みんな銘々に中にはいりポーズを取ります。キャプテン気分です。


沈船ダイビングならではの遊びです。

それからも中を回ったりして『PERTH』をめーいっぱい楽しみました。









本当に充実した楽しいダイビングになりました。


その後はアルバニー観光です。

南極大陸と離れた場所というギャップとナチュラルブリッジという

観光名所にいってきました。

この向こうに南極大陸があると思うと不思議な気持ちです。




ナチュラルブリッジでブリッジしているみんなです(笑)

街でお土産を買ってパースへの帰路につきました。

ダイビングの話で車内は盛り上がるのかと思いきや・・・・

みんなすぐさま撃沈で夢の世界にはいっておりました。


今回のツアーは本当に充実したダイビングの旅となりました。

実はこの後、

このノリで次の日ダンズボローレック日帰りツアーにいくことになった程です。

このダンズボローのツアーレポートは次回のブログで。


本当に皆さん、ツアーに参加してくれてありがとうございました。


DIVE OCEANSでは

西オーストラリアの北~南までの全てのダイビングツアーを

開催することができます。

西オーストラリア歴15年のベテランインストラクター(エビ親父)が

作ってきた様々な楽しいダイビングツアーをご紹介することができます・


ぜひ皆さん、お問い合わせください。

この夏は様々なタイプのインストラクター達が常駐しております。

ご希望のタイプをお伝えくださいface25



DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com




0 件のコメント:

コメントを投稿