2012/11/29

ダンズボロー レックダイビングツアー

こんにちは DIVE OCEANSです。


今週のパースは少し荒れ気味な天気です。

週末には回復するので、ちょっと一安心です。

でも今日も元気にスタッフ達は講習へとでかけております。


さて、少し報告が遅れましたが、

先日行ったダンズボローレックダイビング日帰りツアー報告をしたいと思います。


今回のメンバーはアルバニーツアーに参加された同じメンバーです。

あまりの楽しいアルバニーツアーに味をしめて、

急遽ダンズボローツアーに行くことになりました。


初めてダンズボローのレックHMAS『SWAN』に行く人もいれば、

これが3回目というリピーター夫妻も。

このレックは本当に魅力的で楽しいのです。


オーストラリア退役軍艦『SWAN』は全長113M、最大水深32M。

1997年にダイバーの為に沈められた船です。

その為、無数に穴があけられているので自然光も入ります。

こちらも同じように内部侵入(ペネトレーション)が可能です。

ベストシーズンである夏には

日帰りや1泊2日以上のツアーも開催され、アドバンスのライセンス取得と組み合わせたり、

レックスペシャリティーも開催されます。

このレックでペネトレーションも含めたスペシャリティーを行うのが人気です。


沈んでから15年という歳月が経っていますので、

魚影も濃く、本当に本当に楽しいレックダイビングを体験することができます。


さて、早朝出発した我ら一同は一路ダンズボローへ向かいます。

9時すぎにはボートの乗船手続きを済ませて、出航です。

ポイントまでは15分ほどなのであっという間にポイントに到着です。

スキッパーのトレーシーは大の日本好きなので、

知ってる日本語でたくさん話してくれます。

ちょっと使い方が間違っているのがかわいいくて(笑)、船の上は笑顔いっぱいです。


ということで、早速準備をして潜降です。

1本目は船首側から行きます。最初の狙いはハリセンボン100匹OVERの大群です。

なぜか、絶対船首に集まっています。

遠くから見ると『なんだろ、あの塊???』という感じです。

近づくとこれですfeel20

世界でもこれだけのハリセンボン玉??を見ることはなかなかできないと思います。

めーいっぱいハリセンボンと遊んだ後は、

ほんの少しだけ左に傾いている『SWAN』を右から押すお決まりの儀式です。

こんな素晴らしいレック、倒れてもらったら困るのでここに潜ったら必ず1押ししてきます。

そんなお決まりの儀式をしていたら!!!!

なんと水底に2M越えのオオセがいました!!!!相変わらず見事な擬態です。

気がつかなかったら踏んでしまいそうです(笑)

※彼はよくこのあたりで間違って釣られるらしいですicon10
ちなみに『SWAN』のまわりでの釣りは禁止です。


操舵室にも入って遊んだ後はマストに戻って、2段階の安全停止を行います。
※ここはルールで2段階の安全停止が義務づけられています。

いつも潜降を迎えてくれる通称『受付嬢』ツバメウオが、

今回はお見送りにきてくれました。しかもこれまた大群です。

最後に船の下で2回目の安全停止をして無事に1本目を終了することができました。


温かいスープとおいしいお菓子でお腹を満たした後は

いよいよ2本目です。

今度は船尾から攻めていきます。

船尾に向かう前にまずはギャラリーにいきますicon14

ここにはこの船のシンボルであるスワンがあります。

ちょっと中の状況が悪くて良い写真が撮れませんでしたので、

これは行ってからのお楽しみにしておいてくださいface02


船尾についたら、良い感じの穴を見つけて

簡単なペネトレーションをしました。
※弊社は内部侵入をする際、レックSPも教えられるインストラクターの知識と判断で行っております。

内部に入るのは本当にアドベンチャーでワクワク、ドキドキです。

暗闇の部分をライトで照らすとハタンポの群れがいます。

ブルーデビルもこっそりといますよ。

トイレとかも当時のままになっているので、とても不思議な感じがします。

ここで船員達は生活していたのですね。


いろいろなところを一通り探索した後はまたマストに戻って

安全停止その1です。

ツバメウオと遊ぶのもよし、『SWAN』を上から見て眺めるのもよしです。

マストに座って『SWAN』とお話するのが日課です。

お話するとまたここに戻ってこれる気がします。

不思議とこの沈船、なぜか意思があるように感じるのです。

他の沈船では感じない不思議な感覚です。

そして!!!!

このダイビングでTOMOKOさんがめでたく100DIVEとなりましたface02

おめでとうございますface29

TOMOKOさんとご主人のHALさんと記念の一枚!!!!

と思いきや....空気の読めないツバメウオさんに邪魔されました(笑)

ここまでカブるのもある意味、めずらしいなと思いましたface25


ということで、微妙なズレのもと

みんなで最後の安全停止中に記念撮影しました。
※上の二人は100とハンドシグナルしています。

楽しいダイビングも終わり、せっかくここまできたので

観光して帰ります。

まずはおいしいと有名なアイスクリーム屋さんへ。

すごーい種類があって、迷って迷って購入です。女性群は皆ダブルで攻めました。

あまりのおいしさにドヤ顔です。

その後はこのあたりはワインで有名なマーガレットリバーもあるぐらいなので、

ワイナリーに立ち寄ります。少し試飲を楽しみましたfood03
※もちろん、運転手は飲んでませんよ。

そして、最後の寄り道はそうバッセルトンジェティーです。

今回は観光だけですが、

1泊2日のダンズボローレックツアーの時はこの下を2DIVEします。

ここも有名なダイビングポイントで、とても人気なのです。

お土産屋さんを覗いて、写真を撮った後は一路パースへ。

途中チップス&グレービーのおいしいスタンドに立ち寄り、また食べましたけどね(笑)

今回の帰り道は、

アルバニーからのダイビングツアーの思い出をみんなで

振り返ったりと終始おしゃべりをして帰りました。


本当に楽しい良いダイビングツアーとなりました。

皆さん、ご参加ありがとうございましたface01

HALさん、TOMOKOさんお帰りをみんなでお待ちしておりますface02

ぜひ、これからもまた一緒に潜りましょうね。



DIVE OCEANSでは

様々なダイビングツアーを開催することが可能です。

ぜひ、これからのベストシーズンを私達と一緒にダイビングして楽しみませんか??

きちんとした指導の元、知識とスキルを身に付けた

インストラクター達が安心で安全、そして楽しいダイビングへお連れします。

ツアーの種類を気になる方はこちらへどうぞ。


DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com



0 件のコメント:

コメントを投稿