2012/12/19

エスペランス タンカージェティーでダイビング

こんにちは DIVE OCEANSです。


エスペランスのダイビングツアーの最終報告です。

今回はタンカージェティーでのダイビングをご報告したいと思います。


エスペランスのタンカージェティーは観光名所であり、

アシカが訪れるビーチでもあり、そしてダイバーには人気のダイビングサイトとなります。


この1キロ弱の距離を歩いて、桟橋の先からエントリーします。

そして、崩れた桟橋の間が魚礁となっていますのでここを潜ります。

ここの見所は固有種達はもちろんのこと100匹以上のオールドワイフの群れです。

もちろん、ダイビング中にアシカと遭遇することもありますよ。

今回は水面でアシカと遭遇しました。少し離れていましたが、カメも見ることができましたよ。


さて海の中はというと・・・・

魚影が濃い、濃い、濃い!!!!!

中には崩れた桟橋を中心に、大小様々なサイズのタイヤなどなど

わざと魚礁が作られております。

たくさんの魚達が好きな場所で好きなように遊んでいます。

バンデットスィープ

南オーストラリア版ナポレオン??ブルーグルーパー

サージェントベーカー

ロングスナウトボアフィッシュ


いろんな南西オーストラリアの固有種をみて楽しむことができました。


でも今回の最大のお目当てはオールドワイフの群れです。

いろいろなところでオールドワイフが群れています。



これだけで十分に感動で見ごたえたっぷりですが、

その先に・・・・・

まずはアジの群れに興奮です!!!!



『美味しそう~。』アジのたたきが恋しくなります(笑)

とそんな邪な心でアジの群れにまかれていると・・・・

向こうになにやら見たこともないような塊が見えます。

今まで見てきた規模とは全く問題ならないぐらいの

100匹以上のオールドワイフの群れがいました。

写真では納まりきれないのが残念ですface07

この奥にもうじゃうじゃいました。まさに圧巻ですfeel20

皆さん、夢中になって写真や動画を撮っていました。

ここでも60分オーバーののんびりダイビングとなりました。


エスペランスといえば、リーフィー&ウィーディーですが、

ここタンカージェティーでのダイビングも本当にオススメです。

ダンズボローの沈船のハリセンボンの群れといい、ここのオールドワイフの群れといい・・・

なかなか他では見ることのできない光景だと思います。

この夜のお酒も本当に美酒でございましたfood03food42(←結局、毎日)

※ダイビング前後の飲酒は控えましょう(←今さら)


長期のツアーでしたが、

今回は3回にわけてご報告させて頂きましたface02

次回のエスペランスツアーは12月30日~1月4日となっております。

年末年始をダイビング三昧でエスペランスで過ごしませんか??

オーストラリアにいてもなかなか行くことのできない場所です。

オーストラリアにいなければ、

行くこともむしろ一生知ることのないような場所かもしれません。

ぜひ、この機会にエスペランスにいってみませんか??



弊社のエスペランスツアーはエスペランスを堪能してもらえるように

最低3泊4日からをオススメしております。

ご希望によっては短くもできますが、気軽に何度も行ける場所ではありませんので、

1度のツアーで代表的なダイブサイトは全て潜られることをオススメしております。


ぜひ、興味のある方はお問い合わせください。


西オーストラリア、全てのダイビングのことなら

DIVE OCEANSにおまかせください。西オーストラリアを知り尽くしたインストラクターが

ご案内させて頂きます。



DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。