2013/02/25

インストラクター開発コース

こんにちは DIVE OCEANSです。


さて本日は3月3日からスタートする

インストラクター開発コース(通称IDC)について書きたいと思います。


ダイビングインストラクターになるには、このインストラクター開発コース(IDC)を

コースディレクター(PADIインストラクター最高峰)から受講する必要があります。

このコースはアシスタントインストラクターコースと

オープンウォータースクーバインストラクターコースの二つから成り立っています。

最短で5日(一部をインターネット学習を利用した場合)、

最低でも7日間でこのコースは終了することができます。

その後、PADIから派遣されてくる試験官にIE(インストラクターエクザム)で合否を判断してもらいます。

合格すれば、もちろんダイビングインストラクターです。

もし不合格になってもまたいくらでもチャンスはあります。


しかし、弊社ではこのインストラクター開発コース(IDC)を

予備日も含め、約2週間~3週間かけて行います。

それでも足りないとほど、勉強することはたくさんあります。

確かに1週間で最低限決められたことを教え、とりあえずOKのレベルになれば

インストラクター試験に合格できるかもしれません。

期間が短ければ、費用も少なくなる、労力も減る、どちらにとっても一石二鳥な気がします。

しかし、それで困るのはその後インストラクターになる本人だと思いませんか??

ダイビングインストラクターの資格を持っているだけになります。

折角お金を払ってコースを受講し、使えない資格はもったいないですよね。


どうしてもダイビングのインストラクターは車の免許と一緒で資格が先にきてしまいます。

だからこそ、事前の知識とスキルなどの勉強が必要となってくるのです。

そしてそれに必要なことが、現場に出ている生のインストラクター達からの声、

そして、長年にわたるインストラクターとしての経験を生かし

数多くの優秀なインストラクターを育ててきたコースディレクターからの

お話なのです。



エビ獲り親父のインストラクター開発コースは、テスト合格が目的でなく、資格を取ったあとのことを、現場での事を考えてコースを進めます。

成功するインストラクターを育てることを目的としています。



①学科講習ではエビ獲り親父から様々な海の話を聞きます。

インストラクターとしての心構え、インストラクターができるマーケティングなどなどもです。

目からうろこなことばかりです。ダイビングの事だけではなく、色々な場面で約に立つ話を

聞くことができます。


②限定水域講習では本当の講習の仕方を学ぶことができます。

どんな風に講習をしていくのが正しいのか、

一つ一つのスキルには意味があること、

正しい順番を守り、生徒さんに教えることにはちゃんと意味があること。

決して答えを言うのでなく、候補生達に考えさせます。

自身で考えないと忘れてしまうからです。


③オープンウォーター講習では、

一番大切なコントロールの仕方を学びます。

刻一刻と表情をかえる海(自然)の中で、いかに安全に正しい講習を行うか、

その鍵はインストラクターの判断力とコントロール力です。

インストラクターにとっては慣れた海でも

生徒さんにとってはそれは初めての海かもしれません。

いかに安心感を与えるか、それもインストラクターの力量です。

レスキュースキル開発では起こってはいけないもしもの場合だからこそ、

全力で最高のスキルを行えるように準備します。

これら全てことを学びます。


もしダイブマスターやダイビングインストラクターになろうと思っているなら、

それは自分が思っている以上に大事な人生の選択です。


人は安さを追求しがちですが、自分への投資はケチらないでほしいと思います。

ということは歳を取ってからわかることですが・・・www


弊社では最高のクオリティでインストラクター開発コースを行います。

エビ獲りオヤジはインストラクター開発でPADIより表彰されているコースディレクターです。

まだ10日あります。参加前条件がそろっていれば、飛び込みも可能です。

ぜひ、お問い合わせください。。


私達と一緒に最高のインストラクターを目指しませんか??


インストラクター育成のことなら、
DIVE OCEANSまで。


DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com
Visit us: www.diveoceans.com


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。