2017/03/26

エビ獲り日記☆

こんばんは☆ Miwaです!
パースへ来て早4ヶ月。。。
だんだんとこちらの生活にも慣れ、皆さまのおかげで充実した日々を過ごしております。
そんな私が今ハマっていることは… 

エビ獲りです←やっぱり

先日行ってきました♡
興奮冷めやらずなので、今日はちょっと語ります。
これを読んで何となーく想像をふくらませてもらえたら嬉しいです。

エビ獲りは「探す」「獲る」「食べる」の3部門から構成されています。
先ず探す!これが一番大変ですface20
エビがいそうな穴を片っ端から覗きまくりますが…、
狭すぎたり暗すぎたりすると獲りにくいので、太陽の光が当たる適度に広いスペースで見つけられたら最高です。
そして、大きいエビを探しましょう。(体や足の太さ、長さでわかります)
エビ獲りオヤジに言われましたが、手当たり次第に構っていると時間もエアも無駄なので、先ず大きさを見極めることが大切です。
ちなみに、エビ獲り中はエアの消費が普段の3倍速くらいになるので…、そこも注意が必要です(激しすぎ?)

見つかったらどんどん獲りましょう! この時一番大切なことは『平常心』ですface04
エビ獲りオヤジは大きいエビやエビの太い足を見ると興奮するようですが…(変態じゃないですよ)
私は経験が浅いので、エビの触覚が見えただけで呼吸が乱れてしまいますicon10
鼓動が速く、緊張と興奮で、手に汗を握る感じです。(ほんとに)
そんな状態で近づいては…、「何だこいつ」とエビがどん引きして手を出す前に下がってしまいます。
なので、平常心を装うことが大事です。
エビを見ても動揺しない強い心がほしいです。

そして、全力を尽くし手にいれたエビは、海の恵みに感謝して有り難く頂きますface01
私は今回海老マヨおにぎりと手巻き寿司にして食べましたfood30
もちろん、料理上手な人が作ればこんな豪華な食事にicon12
美味しそう〜。。。



ダイビング&ハンティングの楽しみに加え、お腹まで満たしてくれるエビ獲りをやめられる気がしません!
いつか、怪物みたいなでかエビを捕まえることが私の今の夢ですfeel14
皆さんの挑戦をお待ちしております。

***************************************************************************************
DIVE OCEANS

Perth Booking Office
1st Floor 37 Barrack St Perth WA 6000 Australia

Fremantle Training Centre
1st Floor 256 Hampton Rd South Fremantle WA 6162

Phone:+61 8 9218 8155
Email: info@diveoceans.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。